趣味の模型製作 さとさん工房 

ヤフーブログが閉鎖になりこちらに。製作の代行も承ってます。ツイッター @FactoryS2 になります

The 特撮Collection ぺギラ 東京氷河期 ウルトラQより

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

最近完成品のブログアップ記事更新をさぼってましたので今年はどんどん過去作も載せていきます。

今回はバンダイ The特撮Collectionシリーズからぺギラです。

まずは以前制作した同シリーズの電飾&鳴くゼットンと現在改造中のバルタン星人との記念写真です。

f:id:satosankoubou:20220109104726j:plain

 

中学生の頃一度作った事はあったのですが、当時なんだかなぁって感じの出来栄えでした。今回、徹底改造で参りたいと思います。説明書の完成画像はこんな感じです。

f:id:satosankoubou:20220109105207j:plain

実際に組んでみてもこんな感じです。

f:id:satosankoubou:20220109110135j:plain

似てるんだけど何かが違う・・・

改造します。今回は主にヒートペンで切り刻んでいきます。

翼ですが明らかにボリューム不足なので余ったプラランナーで骨組みを作り

そこにプラランナーをヒートペンで溶かして盛り付けて行く事にしました。

 

f:id:satosankoubou:20220109110320j:plain

 

翼を延長、足首等ほぼ全身にヒートペンを当てて溶かしては整形を繰り返してます。

いつもはすぐに捨ててしまうプラランナーが大いに役に立っています。

f:id:satosankoubou:20220109110524j:plain

ヒートペン作業を全身に施しました。

ヒートペンに飽きたのと作業が大変なため、ある程度形を作ったらファンドを盛り付けてしまいました。

剥がれないように瞬着でコーティングしてます。

 

f:id:satosankoubou:20220109110825j:plain

 

この後全身の表面処理をしてます。

簡単なベースを作る事にします。ガチャのストラクチャーのビルを加工して東京氷河期でビルが凍ってるイメージにしました。

 

f:id:satosankoubou:20220109111102j:plain

制作途中で色をどうするか悩んでいたのですが、ちょうどいつもお世話になっている、ボークスさんで行っているコンテストでファレホ3色のみで制作のカラーリミット部門というのがあるのを思い出し、あ、こいつモノクロでいけるかも。。とカラーを決めました。黒の下地ベースでファレホ 白、黒 もう一色なんか茶色っぽいやつで仕上げる事にしました。

塗装中です

f:id:satosankoubou:20220109111232j:plain

 

 

中学生の時納得のいかなかった出来栄えのプラモデルにリベンジを果たす事が出来ました。

The特撮Collection ぺギラ 東京氷河期 白黒バージョン 完成です。

 

 

f:id:satosankoubou:20220109111538j:plain

高山良策氏の怪獣造形はとても魅力的ですね。

劇中は白黒映像なのでなんだかとても寒い感じなイメージが強かったです。

(近年のカラーバージョンでも寒そうでしたけどw)

f:id:satosankoubou:20220109111735j:plain

f:id:satosankoubou:20220109112027j:plain

改造箇所は文章では書ききれないですが、背面もしっぽの位置を変えたり、全身に手を入れてます。

おかげさまでボークスさんのVKMペイントコンテスト7でカラーリミット賞を頂くことが出来ました。ありがとうございました。

 

The特撮Collection このプラスチックキットシリーズ、出来栄えはなんだかなぁ・・・ってのが多かったですが、当時ガレージキットが高価で買えなかった、私のような怪獣少年には最高の素材でございました。

バルタンも完成させなければですね。

 

マーミット ソフビ 帰ってきたウルトラマン

マーミットの帰ってきたウルトラマンのソフビを製作させて頂きました。

いろいろと改造したので、覚えているうちに記事にしておきます。

30cmサイズのソフビです。真っ赤なテカテカのソフビにかなり不安があったのですが、最終的になんとかなってよかったです。

 

いつものようにレジンを下半身から胸下ぐらいまで注入。PICプログラムで3分間の自動カラータイマーを仕込みました。

キットの目は内部に凸凹モールドがしてある2重構造だったので、あらためましてクリスタルカットを彫り直し目を複製しています。

全身すべての赤ライン溝を埋め、新規にスーツのラインを腕、足、全身に入れウェットスーツ感をアップさせてます。

今回はスーツの破れ等は入れず作ってます。ブーツやグローブはいつものように実際に履いているようにしてます。ファスナータブを作ったりできる限りの事はしてみました。

 

例によって帰ってきたウルトラマンのマスキングは厳しいですねぇ~。

今回は修正にかなり時間を費やしました。

ベースは木材から木枠を作っています。

 

 

f:id:satosankoubou:20211208192419j:plain

f:id:satosankoubou:20211208192415j:plain

自動で赤点滅に切り替わり3分経つと消灯します。

 

f:id:satosankoubou:20211208192752j:plain

原型はさすがでございます。見事に帰ってきたウルトラマンらしいポーズを再現しています。

f:id:satosankoubou:20211208192921j:plain

下からのあおりカッコいいですね。部位によっていろいろ色味を変えてみたりしてます。微妙なグラデも入れてますが私の作品全判でそうなのですが、かなりうっすらいれてますので画像にするとほぼ飛びますw

 

USBから5V電源でPIC駆動します。

今回デジカメの調子が悪く全てスマホ撮影です。

スマホのカメラもお手軽にいい写真が撮れますが、新しくデジカメを買おうかと思います。

デジカメも絶滅しそうな雰囲気ですけどね・・汗

 

もともとはこんな感じのキットでした。

左は同じシリーズのゾフィーです。

 

f:id:satosankoubou:20211208193551j:plain

 

無事に完成してよかったです。

カラータイマー発光動画です。

ありがとうございました。

 

アス工房さんのHPにて紹介していただきました。ありがとうございます。頑張ったかいがありましたー

asukoubou.website

 

 

ビリケン商会 プレデター

ブログ記事、かなりサボっていたので忘れないうちに書いときます。

 

 

昨年の12月末の事です。ボークスさんのコンテストに出す物ないなぁと思い、どうしようと悩んでいたのですが、何故だか突然、頭にこれが浮かびました

 

ビリケン商会さんのプレデター

 

今まで作った事もなかったのですが、突然ひらめいたので探して購入しました。

 

f:id:satosankoubou:20211206190442j:plain

 

流石の老舗ビリケン商会さんです。間違いない感じです。

 

そして届いたその日にバリを取って、お湯で変形を取り早速組み立てました。2020年大晦日の日の事です。

f:id:satosankoubou:20211206190612j:plain

ベースも付いててめちゃくちゃ迫力ありカッコいいです。

 

そして年が明け2021年、コロナウィルスのせいで毎年行っている嫁さんの実家への里帰りもせず、初詣でも、初売りにも参加せずもくもくと模型を作るという凄まじい正月になってしまったのです。

とりあえずコンテストまで時間ありませんので、どんどん進めます。

下半身、胸下ぐらいまでレジンを注入変形防止策をとりました。

ベースもレジンで裏打ちして固めました。

ですので総重量が結構あります。

金属プロテクター部分はレインボーで下地を作り、上から重ね塗りしていく手法を使いました。

f:id:satosankoubou:20211206190808j:plain

f:id:satosankoubou:20211206191315j:plain

下地から金属プロテクター部分を塗装中です。サフを塗ってからレインボー下地、金属色をのせていきます。かなり色をのせてしまいますので、レインボー下地は完成するとほとんど分からないような状態です。

うっすら色の違いで深みが増すような気がして重厚感を狙ってます。

そんなことをやっていましたらアッという間に正月が終わり、3が日で完成させる夢は終わりましたw

f:id:satosankoubou:20211206191737j:plain

ボディ塗装に入っています。

ボディはラッカー系で白サフの上からエアブラシで吹き付けました。

そしてこのキットの一番の見せ場は全身の斑点と網のスーツ、まさに全身網タイツ!!

コンテストはファレホを必ず使わなければいけないので斑点と網目の描き込みにファレホを使用しましたが、これがまぁ・・・・ 地獄でしたw

いくら塗っても進まない感じがしてましたねぇ

f:id:satosankoubou:20211206191807j:plain

永遠と終らない描き込みをしているような錯覚に陥りましたが、なんとかコンテストに間に合いました。

ファレホで斑点や網目を描き終えた後にラッカーのクリアブラン等を使いコートしました。皮膚の質感を高めるためと塗膜を強くするためです。

何とか完成していざボークスさんへ持ち込み!!

 

f:id:satosankoubou:20211206192232j:plain

かわいいフィギュアや戦車、モビルスーツメカ等に交じって浮いています…汗

画像を撮ったのが1月9日になってましたので10日くらいで作り上げたようです。

 

f:id:satosankoubou:20211206193022j:plain

こちらはボークスさんで撮って頂いた画像です。

おかげ様でコンテストの結果は最優秀賞を頂いておりました。ありがとうございます。

 

ショールームニュースで紹介して頂いています。

改めまして完成画像です。

 

f:id:satosankoubou:20211206193838j:plain



f:id:satosankoubou:20211206193934j:plain

ヘルメットは被れません

 

 

f:id:satosankoubou:20211206194007j:plain

 

f:id:satosankoubou:20211206194012j:plain

口の部分はコンパチ式になってまして、ネオジム磁石で閉じたのと開いたのを付け替えられるようにしてます。

f:id:satosankoubou:20211206194113j:plain

f:id:satosankoubou:20211206194800j:plain

 

f:id:satosankoubou:20211206194826j:plain


胸のプロテクターのコードはパイプスプリングに変えてます

f:id:satosankoubou:20211206194934j:plain

後ろから見ないとわかりませんがベースにロゴが入ってます。

f:id:satosankoubou:20211206195034j:plain

日本のキャラクターにはない造形ですね、カッコいいヘルメットを脱ぎ捨てた時びっくりしましたねー。

f:id:satosankoubou:20211206195137j:plain

後ろ姿、塗り分け大変でした。

f:id:satosankoubou:20211206195210j:plain

 

f:id:satosankoubou:20211206195308j:plain

足からは出血した感じに。。デビルマンかっ!!

 

というわけで、約一年経ってしまいましたが、ようやく記事にすることが出来ました。

ビリケン商会さんのソフビキット大変すばらしい造形の名作でございました。

 

 

くt

www.volks.co.jp

マーミット ソフトビニール ゾフィー

マーミットさんの30cmのソフビゾフィーを製作させて頂きました。

目のモールドが2重構造だったり、ソフビの材質がなんかぬるっとして、テカテカ光っていて大変不安があったのですが、しっかりと組み立てましたら格好良くなりまして安心しています。

 

ゾフィーについて調べてみましたら、まぁバリエーションが多いのなんの、ほぼ客演メインなのでスーツもいろいろ使いまわされていて、出るたびに何かどこか違うなって感じのようです。

今回の物はゴルゴダ星で客演した時の物をイメージして自分なりにディテールアップしました。

目玉モールド新造、カラータイマーモールド新造 ブーツ、手袋実際にはめているように加工

赤ライン溝埋め、スーツライン造形

全身のシワ少し増量

このような改造だったと思います。

電飾はタイマー式で自動で青から赤点滅高速点滅と切り変わり約3分で消灯する仕様をPICでプログラムしました。USBから電源を取れるようにしてます。

 

f:id:satosankoubou:20211003105815j:plain

 

f:id:satosankoubou:20211003105905j:plain

 

f:id:satosankoubou:20211003105908j:plain

 

 

f:id:satosankoubou:20211003110200j:plain

うるさくならない程度に汚しています。

f:id:satosankoubou:20211003110242j:plain

赤のライン溝埋めはとても大変な作業なのですが、これをやるとウエットスーツ感は上がりますねー。

最初はおもっちゃっぽい感じのソフビで心配でしたが、しっかりと原型が作られた素晴らしいキットでした。

 

個人的には幼少時テレビを観ていて、ゾフィーが出たら、わぁー兄さん!!って感じでとても嬉しく、安心感があったのですが、VSバードンで頭燃えて池に飛び込んだのはトラウマです。かなりショッキングでした

無事に完成出来て良かったです。ありがとうございました

 

Twitterより発光動画です。

 

 

人間牧場 ブラコ星人 レインボウエッグレジンキット ウルトラ警備隊ジオラマ 

明るい話題が少ない今日この頃ですが、それでも模型を作り続けるのです!!

 

今回はレインボウエッグさんのレジンキット ブラコ星人です。

劇中のワンシーンですがこれが完成したジオラマです。

 

f:id:satosankoubou:20210822160747j:plain

 

製作記事です。

以前ゴジラを作った時登場したこのこん棒みたいのがブラコ星人でした。

 

f:id:satosankoubou:20210822160605j:plain

レジンのムクでメッチャ重かったです。

パーツは少なく組み立ては簡単でしたが、黒一色だと思っていたブラコ星人がいろいろ研究してみたら大変複雑な色合いをしていた事に驚きました。

レインボーで下地を作り、塗り重ねていくことにしました

f:id:satosankoubou:20210822160646j:plain

ここから複数の色を重ねスチール写真を参考に表面のまだら模様の叩きを入れていきました。

f:id:satosankoubou:20210822160720j:plain

f:id:satosankoubou:20210822161308j:plain

本体は完成しました。

 

劇中の登場シーンはウルトラ警備隊のメディカルルームでの格闘が印象深く、そのワンシーンをジオラマ化します。

まずは劇中で一瞬写っている謎の医療機器の台を製作します。紙で試作品を作り、その後大きさを調整してプラ板に置き換えました。

f:id:satosankoubou:20210822161405j:plain

背面と天井に特徴的な丸い照明があります。そちらは大きさを計算してプラ板で再現、壁の通風孔のような物も再現しました。

 

f:id:satosankoubou:20210822161618j:plain

床板は一枚一枚切り出して、若干ずれさせて接着してタイル感を出してみました。

 

f:id:satosankoubou:20210822161742j:plain

タイトルプレートを入れ、ホンモノの壁紙で横壁を作り、謎の医療台のスイッチやダイヤルの類を設置、床は汚れてくたびれた感じで再現しました。

さて、仕上げに重いブラコ星人を固定します。

 

 

f:id:satosankoubou:20210822162038j:plain

f:id:satosankoubou:20210822162340j:plain

うわぁー!! 作っていた私もびっくり、雰囲気でましたよー

 

f:id:satosankoubou:20210822162400j:plain

レインボウエッグさんのブラコ星人が格好良いので助かりました。

なるべくコンパクトなジオラマにしたかったのでやりたかった事が全て出来、完成させる事が出来まして本当に良かったです。

 

劇中では残念な扱いのブラコ星人ですがとても魅力的な謎の多い宇宙人ですね。

 

このたびはありがとうございました。

 

ゴジラレプリカヘッドを作る。M1号さんビオゴジ レプリカソフビヘッド

私が子供の頃の暑さとは全く別次元の暑さにほとほと参っている今日この頃です。

なんとか溶けずにがんばっています。

 

今回は今まで作った事のあるソフビの中で最もでっかい物を製作させて頂きました。

 

M1号さんのソフビキット ゴジラビオランテよりゴジラ レプリカヘッドです。

映画で使用された着ぐるみの型から複製したと言われる伝説のキットです。

終始大きさに圧倒されながらの作業が続きました。

f:id:satosankoubou:20210722145613j:plain

キットに付属していました完成写真です。うーん凄い。見紛う事なきビオゴジですね。

こんな風に作れるかなーという不安も多々ありました。

届いたキットは可塑剤の油分でべた付きが酷かったのと兎に角ぐにゃぐにゃにソフビの経年変化で歪んでたんです。

 

通常ソフビキットはバラシて鍋で煮たりして変形取りますが、とてもじゃないですがこんなでか物を煮れる鍋などございません。

f:id:satosankoubou:20210722145854j:plain

お風呂場でお湯の温度を最も熱くして、風呂に沈めながら格闘して油分落とし、ゆがみ修正しました。歪みの修正に関しましてはプロレス格闘状態でした・・・

(手に持ちますのは別途製作のブラコ星人です。)

 

f:id:satosankoubou:20210722150234j:plain

特に口が全然合いませんでしたので、温めながら金属線を埋め込み少しづつ接着していき、何とか下あごくっつきました。

f:id:satosankoubou:20210722150458j:plain

マジででかいんですよー。撮影台にも載りません

 


f:id:satosankoubou:20210722150523j:plain

目玉はキット付属の写真をヒートプレス透明カバーの後ろから貼る形式にしました、後ろから湾曲したプラ板でゲージを作りずれないよう貼り付けました。

f:id:satosankoubou:20210722150751j:plain

見せ場の口内はソフビ用Vカラーを下地にしてラッカー系で複数色使い塗りました。塗料の消費量も半端ねぇっす

口内を本体に取り付けるその前に、このキットの最大の肝ともいえるキットの補強作業をしていきます。通常のソフビキットはレジンや石膏などの詰め物をして経年変化の歪み防止を行いますが、今回はでかすぎて、重くなりすぎる事、コストがかかりすぎる事を理由に上記の物は使わずFRPで裏打ちする事にしました。

 

ヒーロー系のマスクや、でっかいキャラクターの遊具、車、バイクの一部外装なんかにも使われている軽くて丈夫な素材です。

ガラスファイバー貼り付け内部に樹脂を塗りたくっていったのですが、今回、その臭気に悶絶させられました。作業は防毒マスクを着けて行っていましたが、作業後もしばらく匂いが消えず・・・

数回にわけFRPで裏打ち作業をして、乾燥させるためしばらく外にだして乾燥させ、臭気を飛ばしました。

 

f:id:satosankoubou:20210722151008j:plain

 

最終的にはFRPで裏打ちした後に発泡ウレタンを充填させ今後の歪み防止策としました。

これで大きな歪みは後々出ないと思います。重さもなんとか許容範囲に収まりました。

口内を接着して全体をVカラーで塗装して完成です。

 

完成です。などと一言で書いてますが・・・ここまで来るのにかなり苦労しましたー

何度も書いてますが大きさに圧倒されっぱなしでした。

完成してみて自分でも驚いたのですが・・・

 

これは・・これは・・・・

 

すげぇええええ!! 映画の中のゴジラがそこにいるううう

f:id:satosankoubou:20210722151958j:plain


皆様見てくださいませー

f:id:satosankoubou:20210722152148j:plain

 

うわ、これホンモノだよー

f:id:satosankoubou:20210722152326j:plain

屋外に出すとホンモノ感が凄くあがります。

 

室内撮影だとまた雰囲気が変わります。大きさは下に置いてあるプリンタ―から想像してみてくださいませ。

 

f:id:satosankoubou:20210722152507j:plain

f:id:satosankoubou:20210722152150j:plain


折角ですから以前製作したプラモデルのスーパーXⅡをひっぱりだして一人遊びしてみました。

 

今となってはプレミア価格で手に入り難い事と製作する事が結構力技メインなので大変な事がありますが、ゴジラファンの方(特に平成ゴジラシリーズファン)は絶対に持っておいた方がいいアイテムだと思いました。

 

ありがとうございました。

 

 

バンプレスト 景品 ウルトラマン 4度目の挑戦です。

バンプレストの景品のウルトラマンです。

自分の作品を遡って調べて観ましたら初めて作ったのは2008年の事でした。

時が経つのは早いなぁとつくづく思います。

合計で3回、同じ物を製作しているようです。今回は4回目の挑戦にして今持ってる技術をすべてぶち込みました

 

成長してるかなぁ~

2008年の作品

 ウルトラマン 発光改造 その一 - 趣味の模型製作 さとさん工房

 

2011年の作品

ウルトラマン バンプレスト - 趣味の模型製作 さとさん工房

 

2013年の作品

バンプレスト 発光改造 ウルトラマン Cタイプ - 趣味の模型製作 さとさん工房

 

今回はカラータイマーの自動切換え3分消灯システムをPICでプログラム発光させて取り付けています。台座に音声回路を設置音楽や声を流せるようにしている豪華仕様です。

今回も胸の豊胸手術、足首の形状修正、Cタイプへのスーツライン引き直し等、行っています。

ディティールも細かなシワを追加したり、顔の形を修正したりといろいろといつもより行った気がします。

少しだけスーツの破れダメージも入れてます。

一緒に写っているのは先日アップしましたウルトラマンエースです。

f:id:satosankoubou:20210626143255j:plain

 

サフかけてます。赤ラインの溝を埋めてしまったので、今後の塗装が心配です。

f:id:satosankoubou:20210626143541j:plain

 

f:id:satosankoubou:20210626143840j:plain

右がもともとの形です。何も手を入れないとかなりおもちゃっぽい感じなんですが、しっかりと作ってあげますと見違えます。左はいつもの手順でピンクサフ→黄色→赤の順で塗りました。

適度に汚しを入れまして劇中の雰囲気を出してみました。

 

f:id:satosankoubou:20210626144540j:plain

 

f:id:satosankoubou:20210626144724j:plain

初代マンはピンクっぽいカラータイマーが印象的なので色も似せてます。

自動で青から赤点滅に切り替わり、高速点滅になり3分で自動消灯します。

 

f:id:satosankoubou:20210626144836j:plain

f:id:satosankoubou:20210626145257j:plain

腰のかがみ具合がいいですね。

f:id:satosankoubou:20210626145711j:plain

屋外で撮るとさわやかな感じですね。

 

まだ我が家にはストックが数体ありますのでいつかまた挑戦すると思います。
素体としては最高のウルトラマンですが、近年は手に入りにくくなってるようですね。